[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

パステル調の色彩が鮮やかな宮崎のスイートピーは、全国一位の出荷量を誇る宮崎を代表する花です。
佐藤さんは、スイートピー生産者になって17年。少ない面積からスタートし、現在は22アール(60坪)の広い敷地で3品種のスイートピーを育てています。

スイートピーを選んだ理由は?

スイートピーは昼夜の寒暖差が大きいほうが良いものが育ちやすいのですが、ここ延岡は冬場の日照時間が安定して長く、寒暖差も大きいことから栽培に適していると思いました。また、栽培坪単価も高いです。最初は少ない面積からスタートし、徐々に拡大してきました。

スイートピーの栽培について

9月に定植し、11月末から4月初めまでが出荷時期。寒い時期に出荷したほうが日持ちがします。豆科のスイートピーはツルがどんどん伸びるため、ネットに這わせ、洗濯バサミで留めたり、ツルを下ろしたり(ツル下ろし)、巻きひげを摘んだりと休む間もなく毎日管理に追われます。
でもそうやって丁寧に愛情を持って世話をすることで、茎が長くて太い、良質なスイートピーが誕生するのです。

メッセージ

買ってくれた方に、1日でも長く、楽しんでいただきたい。そんな思いを込めて、日々こまめな管理を頑張っています!